サイバーセキュリティ対策はしておこう

情報漏洩が大きな問題となる昨今はサイバーセキュリティを考慮することは必須になっています。
重要な技術情報が流出すれば、会社の収益を大きく左右します。顧客の個人情報が漏洩することはそのまま信用問題に繋がります。また、対策を講じていないことは甘いと解釈され言い訳の効かない事態を招くので注意しましょう。

情報セキュリティとサイバーセキュリティの違い

情報セキュリティは広い範囲を意味する

サイバーセキュリティを考慮することは情報セキュリティにもつながりますが、情報セキュリティはシステムの外の世界も含まれます。印刷した紙をプリンタに放置しないこと、事務所の入り口を認証式にすることなど些細なことも情報セキュリティを守る上では有効です。

サイバーセキュリティはシステムの中を意味する

サイバーセキュリティはインターネットを介しての攻撃に備えることが主な対策になります。攻撃を受けてサーバー上の情報が持ち出されたり、ダウンしたりすることがないように考えてネットワークやサーバーを構成することからスタートです。プログラムのバグも不正アクセスの原因となりうるので、システム構築時にも細心の注意を払います。

企業の信頼性に関わる情報漏洩はサイバーセキュリティ対策で防げる

女性

サイバーセキュリティのプロに依頼しよう

普通の人が通常使う方法が攻撃になることはウイルス感染した端末でも使わない限りまずありえません。大抵は悪意を持った人が通常は行わない操作方法で不正アクセスを行うケースがほとんどです。
OSやソフトウェアの潜在バグが思わぬバックドアを作ってしまっていることもあるので対策はプロにお願いするのが確実です。見逃しましたでは済まない部分だけに穴がないように注意します。

侵入を未然に防ぐために行なう入口対策

サイバーセキュリティ

ネットワーク設計をしっかり行う

ファイアーウォールを設けるのはもちろん、WEBサーバーとAPサーバーを分けるなど、基本的とされる対策はいくつもあります。むやみやたらに編集権限や実行権限を付与しないことも地道ですが、効果的な対策です。本当に必要な接続ルートを必要な時だけ開くつもりで他はすべて締めてしまうつもりで作りましょう。

可能な限り最新ソフトを使う

各ソフトウェアが提供するアップデートパッチは機能追加ももちろんありますが多くは不具合修正です。そこにセキュリティが絡んだものがあるとパッチ適用していないだけでセキュリティホールを放置していることになります。可能な限り最新パッチは適用し、すでに発見されているリスクを排除しましょう。

ファイルを不用意に開けない

ウイルスソフトは気が付かないうちに端末に侵入し、こっそりと入り口を開けてしまう常套手段です。メールの添付ファイルを介したソフトは有名ですが、ウェブページにアクセスするだけで勝手にダウンロードされるものやフリーソフトを装ってダウンロードさせてしまうものまであります。心当たりのないファイルは開かずに消しましょう。

情報漏洩は会社の信用問題に関わる

情報漏洩の補填が会社に多大な損失をもたらすと同時に、信用問題にかかわれば会社の存続すら危うくなります。何か起きてからでは遅いです。直接は利益をもたらさないセキュリティ対策費用ですがリスクヘッジとしては必要なお金です。後回しにすることなく取り組みましょう。